モノクロ・フォトエッセイ:城本 武千代


山岳写真におけるモノクロ写真とのかかわりについて

私の場合、山岳撮影においての基本的姿勢は、出会った事象や現象だけで、 いきなりシャッターを押すのではなく、「心の山」としての考えを念頭において、 じっくりと対応している。すなわち自分の心に描いた心象的な場面を、可能な 限り追求するのである。 その場面を借りて自分の心を映し出す。故に、その写しだされた場面は、心 の借り物なのであり、自分の心象をその画面に託しているのである。

今日ではコマーシャルから写真愛好家を含めて、カラー写真による撮影が当 然のように一般的である。また、この世の中では目に映るものは色とりどりに 美しい。美しい花や秋の紅葉、おいしそうな料理などなど、これは確かにカラー 写真の世界である。 ところが、上記に述べた心象的な写真表現をしようと考えた場合には、カラー 写真では、色彩が前面に出すぎ、本質的なものが隠れて印象が弱くなってしま う可能性もある。

そこでモノクロ写真の活用ということとなる。モノクロ写真では色とりどり の色彩を排し、輝く白から深い黒までの諧調を利用し、印象を深めてくれる純 粋な表現手法である。 現実の世界を白黒に置き換えることにより、不要な色を排したシンプルな画 像となる。その抽象的な画面からは、肉眼では見えない内容が、想像的に脳裡 に醸し出され、あらゆるイメージを湧き出させてくれるのである。ことに、心 象的な表現の目的の場合はこの手法により、その効果が顕著に現れてくるもの と考える。

そして、その簡潔化された、想像性のある作品にふれて、新鮮な感動を呼び おこしてくれるものと考える。そのような理由により私はモノクロ写真にこだ わるのである。 作成にあたり、撮影からプリント・最終仕上げまで気を抜けない。自分の表 現意図を貫くためには、自分の納得が行くまで手焼きによる暗室処理に心魂を 打ち込むべきである。   


shiromoto 3

城本武千代「山上の雲 九重山・三俣山」


© 銀・ギラ・Ag  gingiragin 2015